出版と流通

横田冬彦 編

利を求めて、教えを正し弘めるために、組織と支配を固めるために、国民を創り出す教育をめざして、本屋が、教団が、本所が、学派が、国家が、刷るばかりでなく写して、売るだけでなく貸して、本を弘める。そこにどんな仕組みが、どんな変化が、どんな規模が働いているか。近世から近代へ、書物の動態。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 出版と流通
  • 1 三都の本屋仲間
  • 2 地方城下町の本屋
  • 3 「暦占書」の出版と流通
  • 4 仏書・経典の出版と教団
  • 5 平田国学と書物・出版
  • 6 地図・絵図の出版と政治文化の変容
  • 7 明治初期の学校と教科書出版
  • 8 近代の貸本屋
  • 9 近世出版文化の統計学的研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出版と流通
著作者等 横田 冬彦
藤実 久美子
書名ヨミ シュッパン ト リュウツウ
シリーズ名 シリーズ〈本の文化史〉 4
出版元 平凡社
刊行年月 2016.10
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-40294-0
NCID BB22334113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22804843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想