犯罪・捜査・メディア

ドミニク・カリファ [著] ; 梅澤礼 訳

秩序をおびやかす犯罪者たち、公権力を担う警察・司法組織、そして両者の近代的イメージを創り出した大量発行の新聞・出版ジャーナリズムは、民主主義社会の治安の危機をいかに映し出してきたか。犯罪文化史研究の第一人者が、連載小説や三面記事、警察官の回顧録などの膨大な資料をもとに、犯罪や監獄に関わる文学的表象や、"社会防衛"の言説史を多面的に分析した新しい社会史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 犯罪(犯行現場-パリのトポグラフィーと社会的イマジネール
  • 「アパシズム」の考古学-一九世紀の野蛮人とアメリカ・インディアン
  • 「危険階級」の終焉?-『ファントマ』シリーズにおける労働者と犯罪者
  • 夜襲という恐怖)
  • 第2部 捜査(警察官の回想録-ひとつのジャンルの出現?
  • 捜査官ジャヴェール
  • 二〇世紀初頭の「危険性」と「社会防衛」
  • 処罰の危機?)
  • 第3部 メディア(一九世紀における三面記事と犯罪小説
  • 監獄の光景
  • 戦時中の三面記事(一八七〇‐一九一四)
  • 一九一四年から一九一八年にかけて-連載小説の終焉?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪・捜査・メディア
著作者等 Kalifa, Dominique
梅澤 礼
カリファ ドミニク
書名ヨミ ハンザイ ソウサ メディア : ジュウキュウセイキ フランス ノ チアン ト ブンカ
書名別名 CRIME ET CULTURE AU ⅩⅨe SIÈCLE

19世紀フランスの治安と文化
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1049
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2016.10
ページ数 296,52p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01049-1
NCID BB22321563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22815422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想