日本の比較優位

清田耕造 著

わが国は国際貿易において、どこに比較優位があるのか。これまでの「お家芸」だった熟練労働集約財の生産と輸出の比較優位はこれからも維持し続けられるのか。ここ数十年の日本の傾向を分析する上で、伝統的なHOモデルが今なお有効であることを示し、要素コンテンツ・アプローチ、クロス・インダストリー分析、マルチ・コーン・モデルなどからこの国の現状と将来像を焙り出す、画期的研究の集大成!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜいま比較優位か
  • 第1部 わが国の貿易の変遷と比較優位(日本の国際貿易の変遷
  • 比較優位は机上の空論か)
  • 第2部 HOモデルと日本の貿易パターン(貿易と生産要素をつなぐメカニズム
  • 日本の純輸出は今なお熟練労働集約的か
  • 日本の純輸出はエネルギー節約的か)
  • 第3部 拡張HOモデルによる日本の産業構造分析(都道府県の産業構造と賃金格差
  • 日本の要素賦存と産業構造の変遷
  • 日本の比較優位はどこにあるのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の比較優位
著作者等 清田 耕造
書名ヨミ ニホン ノ ヒカク ユウイ : コクサイ ボウエキ ノ ヘンセン ト ゲンセン
書名別名 国際貿易の変遷と源泉
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2016.10
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2374-7
NCID BB22304699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22808601
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想