紛争・対立・暴力

西崎文子, 武内進一 編著

いま世界各地では、民族や宗教、経済格差などに起因する紛争や対立、暴力が深刻になっています。これらの問題をどう考え、どのように向き合っていけばよいのでしょう。本書では、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジアなど各地域を専門とする研究者たちが、対立の背景をわかりやすく解説し、今後の課題を展望します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 引き裂かれてきたイスラム教徒の世界
  • 1 亀裂と共生の間(ヨーロッパ-試練に立つ多民族共生と人権
  • アメリカ合衆国-ヘイトクライムと監獄社会)
  • 2 亀裂と暴力を考える(アフリカ-武力紛争と民族、宗教、国家
  • ラテンアメリカ-犯罪と社会格差)
  • 3 歴史と多様性への視座(東南アジア-変動と変化の間の繁栄
  • 中国-キリスト教徒に対する許容と排斥の境界)
  • エピローグ やさしい人びとの平和な国?日本と日本人について考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紛争・対立・暴力
著作者等 武内 進一
西崎 文子
書名ヨミ フンソウ タイリツ ボウリョク : セカイ ノ チイキ カラ カンガエル
書名別名 世界の地域から考える
シリーズ名 〈知の航海〉シリーズ 842
岩波ジュニア新書 842
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.10
ページ数 177p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500842-1
NCID BB22293989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22811778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想