げんきな日本論

橋爪大三郎, 大澤真幸 著

土器、古墳、ひらがな、源氏物語、日本刀、安土城、幕藩制、国学…。なぜ日本人は、かくも独自の文化を生み出せたのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 はじまりの日本(なぜ日本の土器は、世界で一番古いのか
  • なぜ日本には、青銅器時代がないのか
  • なぜ日本では、大きな古墳が造られたのか
  • なぜ日本には、天皇がいるのか
  • なぜ日本人は、仏教を受け入れたのか
  • なぜ日本は、律令制を受け入れたのか)
  • 第2部 なかほどの日本(なぜ日本には、貴族なるものが存在するのか
  • なぜ日本には、源氏物語が存在するのか
  • なぜ日本では、院政なるものが生まれるのか
  • なぜ日本には、武士なるものが存在するのか
  • なぜ日本には、幕府なるものが存在するのか
  • なぜ日本人は、一揆なるものを結ぶのか)
  • 第3部 たけなわの日本(なぜ信長は、安土城を造ったのか
  • なぜ秀吉は、朝鮮に攻め込んだのか
  • なぜ鉄砲は、市民社会をうみ出さなかったか
  • なぜ江戸時代の人びとは、儒学と国学と蘭学を学んだのか
  • なぜ武士たちは、尊皇思想にとりこまれていくのか
  • なぜ攘夷のはずが、開国になるのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 げんきな日本論
著作者等 大沢 真幸
橋爪 大三郎
大澤 真幸
書名ヨミ ゲンキ ナ ニホンロン
書名別名 Genki na nihonron
シリーズ名 講談社現代新書 2391
出版元 講談社
刊行年月 2016.10
ページ数 413p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288391-7
NCID BB22291065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22807664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想