出雲国誕生

大橋泰夫 著

古代出雲は、奈良時代に入る頃、大きな変革を迎えた。当時の様子を記す地誌『出雲国風土記』を考古学の成果から再検証し、役所の姿、整備された道路、数々の寺院を復元。古代都市としての出雲国の成立を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代出雲国の成立-プロローグ
  • 姿を現した出雲国府(地方の古代都市
  • 国庁の建物をさぐる
  • 出雲国府と国郡制の成立)
  • 郡からみた出雲国(地方支配の拠点
  • 出雲国の郡家
  • 郡家と正倉
  • 動く郡家)
  • 祈りの場(『出雲国風土記』と寺院
  • 仏教の浸透と広がる寺院
  • 出雲国分寺の造営
  • 出雲の神社)
  • 出雲国の道と景観(姿を現した正西道
  • 官道と国府・駅)
  • 外国への窓口としての出雲国-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出雲国誕生
著作者等 大橋 泰夫
書名ヨミ イズモノクニ タンジョウ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 436
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.11
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05836-0
NCID BB22290812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22807490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想