読書と日本人

津野海太郎 著

「本はひとりで黙って読む。自発的に、たいていはじぶんの部屋で」-私たちが「読書」と名づけてきたこの行為はいつ頃生まれたのだろうか?そしてこれからも人は、本を読み続けるのだろうか?書き手・読み手・編集者として"読書の黄金時代"を駆け抜けてきた著者が、読書の過去・現在・未来を読みとく、渾身の一冊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本人の読書小史(はじまりの読書
  • 乱世日本のルネサンス
  • 印刷革命と寺子屋
  • 新しい時代へ)
  • 2 読書の黄金時代(二十世紀読書のはじまり
  • われらの読書法
  • 焼け跡からの再出発
  • 活字ばなれ
  • "紙の本"と"電子の本")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読書と日本人
著作者等 津野 海太郎
書名ヨミ ドクショ ト ニホンジン
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1626
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.10
ページ数 272,5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431626-8
NCID BB22290561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22816053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想