いつもと違う高齢者をみたら

荒井千明 著

急変前のささいな変化を捉える目が命の分岐点。待ってもいいか、それとも病院へ送るべきか。訪問看護師、施設看護師、訪問薬剤師、介護職員、さらに在宅ケアをしている家族のための高齢者対応手引き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「いつもとちがう」ことへの気づきは、なぜ大切か(施設看護師・訪問看護師および介護職に求められるもの
  • 「いつもとちがう」ことへの気づきは、なぜ大切か)
  • 第2章 症状とバイタルサインのみかた(「いつもとちがう」に出合ったら
  • サチュレーションを活用しよう ほか)
  • 第3章 いつもとちがう状態と、その対応(食べない
  • 発熱した! ほか)
  • 第4章 看取り対応の実際(病院や自宅や介護施設以外の場での死が増える
  • 死因不明は行政解剖になる ほか)
  • 第5章 これからの高齢者医療への対応(高齢者における肺炎の対応
  • 高齢者の背景で分類される糖尿病 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いつもと違う高齢者をみたら
著作者等 荒井 千明
荒井 千暁
書名ヨミ イツモ ト チガウ コウレイシャ オ ミタラ : ザイタク カイゴ シセツ デノ ハンダン ト タイオウ : コウレイシャ ケア ノ キー ノート
書名別名 在宅・介護施設での判断と対応 : 高齢者ケアのキーノート

Itsumo to chigau koreisha o mitara
出版元 医歯薬
刊行年月 2016.10
ページ数 112p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-23682-6
NCID BB22288402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22804751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想