はじめての行政学

伊藤正次, 出雲明子, 手塚洋輔 著

私たちの生活と密接にかかわっている行政。行政を知ることは世の中のしくみを知ることであり、そのメカニズムを理解することは、社会生活を送るうえでも非常に有益です。本書は、そうした行政の現実や行政学の理論を、日本の行政の実態に即して、基礎的な知識や考え方に絞って、丁寧に説明します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 行政と行政学(行政とは何か-政府の活動としての行政
  • 大きくなる政府の役割-近代官僚制と行政国家化
  • 行政学はどのような学問か-行政学の成立と展開
  • 新しい行政の見方-NPMとガバナンス)
  • 第2部 執政制度と行政制度(国と自治体を動かすしくみ-執政制度
  • 政府の姿-行政組織制度
  • 行政を担う人々-公務員制度
  • 変化する日本の行政-国と自治体の制度改革)
  • 第3部 公共政策と行政活動(行政活動をデザインする-政策の調査と立案
  • 法律・条例をつくる-多面的合意形成の技術
  • 予算をつくる-限られた時間と効率的な決定
  • 行政と社会のインターフェース-政策の実施と評価)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての行政学
著作者等 伊藤 正次
出雲 明子
手塚 洋輔
書名ヨミ ハジメテ ノ ギョウセイガク
書名別名 INTRODUCTION TO PUBLIC ADMINISTRATION

Hajimete no gyoseigaku
シリーズ名 有斐閣ストゥディア
出版元 有斐閣
刊行年月 2016.10
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-15035-5
NCID BB22287807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22812080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想