40歳からの「認知症予防」入門

伊古田俊夫 著

画像診断で萎縮が確認できる段階では、病状はすでに、深刻なレベルに到達している。脳内の病変や異常タンパク質の蓄積は、40歳から始まる。働き盛り世代からの予防策だけが、認知症の発症リスクを低下させる。食事や運動、人との交流や読書習慣など、何をどれくらい、どのように取り組めばいいのか。高齢期の愛と性が、認知症に与える影響とは?初代認知症サポート医の一人で、豊富な診察経験をもつ著者が、科学的エビデンスに基づく予防法を、やさしく詳しく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 四〇歳からはじめる認知症予防
  • 第2章 これで認知症を予防できる1-生活習慣病、食事と嗜好品をどう考えるか
  • 第3章 これで認知症を予防できる2-運動、脳トレ、アクティビティの活用法
  • 第4章 「高齢期の愛と性」をどう考えるか-豊かな心、前向きな気持ちを保ちつづけるために
  • 第5章 「早期発見・早期対応」の徹底で重症化を防ぐ
  • 第6章 認知症再入門-全国民必須の基礎知識を確認しよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 40歳からの「認知症予防」入門
著作者等 伊古田 俊夫
書名ヨミ ヨンジッサイ カラ ノ ニンチショウ ヨボウ ニュウモン : リスク オ サイショウゲン ニ オサエル カンガエカタ ト ジッセンホウ
書名別名 リスクを最小限に抑える考え方と実践法
シリーズ名 ブルーバックス B-1988
出版元 講談社
刊行年月 2016.10
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257988-9
NCID BB22275819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22804285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想