キリストはエボリで止まった

カルロ・レーヴィ 作 ; 竹山博英 訳

反ファシズム活動の罪で政治囚として一僻村に流刑に処された作者=主人公カルロ・レーヴィ(1902‐75)が目のあたりにした、南イタリアの苛烈な現実。現代文明から隔絶した、呪術や神話が息づく寒村での生活を透徹した視線で描きだす、戦後のイタリア文学を代表する傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリストはエボリで止まった
著作者等 Levi, Carlo
竹山 博英
レーヴィ カルロ
書名ヨミ キリスト ワ エボリ デ トマッタ
書名別名 CRISTO SI È FERMATO A EBOLI

Kirisuto wa ebori de tomatta
シリーズ名 岩波文庫 37-701-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.10
ページ数 400p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-377011-5
NCID BB22273711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22811910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想