林業がつくる日本の森林

藤森隆郎 著

半世紀にわたって森林生態系と造林の研究に携わってきた著者が、生産林として持続可能で、生物多様性に満ちた美しい日本の森林の姿を描く。日本列島各地で、さまざまな条件のもと取り組まれている森づくりの目指すべき道を示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の森林・林業の現状と問題点(何を問題として問うのか
  • 木材生産量は減り続け、人工林は劣化している ほか)
  • 第2部 問題を解決するために必要なことは何か(目標とする社会の姿
  • 目標とする森林の姿 ほか)
  • 第3部 新たな森林管理のために必要なこと(森林管理のリーダーであるフォレスターの必要性
  • 今の制度では技術の専門家は育たない ほか)
  • 第4部 豊かな日本の農山村と社会を目指して(地球環境保全と森林との付き合い方
  • 持続可能な社会のために農山村に必要なこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 林業がつくる日本の森林
著作者等 藤森 隆郎
書名ヨミ リンギョウ ガ ツクル ニホン ノ シンリン
出版元 築地書館
刊行年月 2016.10
ページ数 199p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8067-1526-9
NCID BB22273008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22795531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想