「アウンサンスーチー政権」のミャンマー

永井浩, 田辺寿夫, 根本敬 編著

アウンサンスーチーに象徴されるこの国はいま、新たな国づくりに向けて、どのような歩みを続けているのか。研究者・ジャーナリスト7人が多面的に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アウンサンスーチー政権の挑戦-国民の期待と改革への課題
  • 第2章 ミャンマー民主化運動-物語の序幕
  • 第3章 軍政内部からみた民政移管の深層
  • 第4章 体制転換とミャンマー農村の社会経済変容
  • 第5章 日本とビルマの関係を考える-占領と抗日、戦後のコメ輸出、賠償とODA、そして未来
  • 第6章 在日ミャンマー人社会はいま
  • 第7章 「アジア最後のフロンティア」論を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「アウンサンスーチー政権」のミャンマー
著作者等 根本 敬
永井 浩
田辺 寿夫
書名ヨミ アウン サン スー チー セイケン ノ ミャンマー : ミンシュカ ノ ユクエ ト アラタ ナ ハッテン モデル
書名別名 民主化の行方と新たな発展モデル
出版元 明石書店
刊行年月 2016.10
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7503-4407-2
NCID BB22266909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22801526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想