治るという前提でがんになった

高山知朗 著

40歳、脳腫瘍。42歳、白血病。5年生存率10%-徹底的に調べつくして2度のがんを生き延びた、IT社長のすごい方法。病に立ち向かい、克服するための賢い患者の知恵。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 40歳、脳腫瘍との闘い(チューリッヒの空港で意識を失う
  • 「脳に腫瘍がありますね」 ほか)
  • 第2章 42歳、白血病・悪性リンパ腫との闘い(左足に走った耐えがたい激痛
  • 人生2度目のがん発覚のショック ほか)
  • 第3章 がん闘病から学んだ患者学(がんは早期発見すべきか
  • がんと診断されたら ほか)
  • 第4章 がんになることの意味(間違った思い込みががんを引き寄せた
  • 「幸せのためには不幸も必要だ」というウソ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 治るという前提でがんになった
著作者等 高山 知朗
書名ヨミ ナオル ト イウ ゼンテイ デ ガン ニ ナッタ : ジョウホウセン デ ガン ニ カツ
書名別名 情報戦でがんに克つ

Naoru to iu zentei de gan ni natta
出版元 幻冬舎
刊行年月 2016.9
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-02994-1
NCID BB22266578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22786640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想