満州集団自決

新海均 著

終戦から1ヶ月が経過した、昭和20年9月17日午前2時。満州開拓史上最も経済的に繁栄した瑞穂開拓団の村民、1,150人のうち495人がいっせいに青酸カリで集団自決した。ソ連の対日参戦と関東軍の逃亡によって"棄民"となった人々は何故、集団自決を選んだのか…奇跡的に生還した者の証言を丹念に辿りながら瑞穂村の始まりと繁栄、そして壮絶なる挫折を峻烈に描き出し、満州とは、戦争とは何であったのかをあぶり出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 桜の満開の下の"拓魂祭"
  • 第2章 新天地・満州国への開拓民送出
  • 第3章 王道楽土と敗戦
  • 第4章 ソ連参戦で相次ぐ虐殺と集団自決
  • 第5章 集団自決までの苦悩
  • 第6章 絶望の彷徨と逃避行
  • 第7章 第二の瑞穂村と"大地の子"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満州集団自決
著作者等 新海 均
書名ヨミ マンシュウ シュウダン ジケツ
書名別名 Manshu shudan jiketsu
出版元 河出書房新社
刊行年月 2016.9
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-22683-5
NCID BB22256166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22798638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想