「野球」の真髄

小林信也 著

野球はかつてスポーツ・娯楽の中心だった。男の子がプレーに熱中し、試合中継に胸躍らせた時代があった。しかし今、野球は昔のような熱も輝きも持っていない。社会は野球を歓迎しない方向にすら傾き始めている。その原因を探るため、著者は野球の歴史、ゲームの本質・魅力を見直し、日本の野球がどのように変質してしまったのかを分析する。さらに野球を通して現代の日本人が失ってしまった大切なものを指摘すると同時に、野球が昔のように復権する道筋を考える。長年、野球に携わってきた著者の集大成!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 野球の本質(人が生きるか死ぬかが、ゲームの根幹
  • 草創期、日本中を席巻した"打球鬼ごっこ" ほか)
  • 第2章 古き佳き野球の時代(少年の心を熱くした"野球の伝説"
  • 選手と感激を共有する喜び ほか)
  • 第3章 野球の「信用」の失墜(野球をする人、しない人の温度差
  • ウソをついて勝つ野球に魅力は宿るか ほか)
  • 第4章 野球の喜びと深み(イチローにはボールが遅く見えている?
  • 野球は心の中まで浮き彫りにする ほか)
  • 第5章 野球再生に必要なもの("相対"と"絶対"の世界
  • 「戦わずして勝つ」の本質 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「野球」の真髄
著作者等 小林 信也
書名ヨミ ヤキュウ ノ シンズイ : ナゼ コノ ゲーム ニ ミセラレル ノカ
書名別名 なぜこのゲームに魅せられるのか

Yakyu no shinzui
シリーズ名 集英社新書 0853
出版元 集英社
刊行年月 2016.10
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720853-5
NCID BB22248419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22802770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想