非モテの品格

杉田俊介 著

性体験、雇用、加齢、家族…。男性の抱える悩みが今ほどクローズアップされた時代は、過去にないだろう。男はなぜ、今の世を生きづらく感じるのか。根底にある男の「弱さ」、その先に見える「新たな男らしさ」とは?本書は、客観的な突き放した立場からではなく、男性たちの弱さに寄り添いながら問題と向き合い、たとえ愛されず、承認されずとも、優しく、幸福に生きていく方法を探った全く新しい男性批評である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 男にとって弱さとは何か?(自分の弱さを認められない、という"弱さ"
  • 男たちの自己嫌悪-フェミニストたちの死角
  • 男性は女性よりも自殺しやすいのか? ほか)
  • 第2章 男のルサンチマンについて-非モテの品格?(雇用・労働問題とジェンダー構造
  • 男性たちのアイデンティティ・クライシス
  • マジョリティ男性たちのねじれた被害者意識 ほか)
  • 補論1 認められず、愛されずとも、優しく、幸福な君へ
  • 第3章 男のケアと子育てについて-そして父になる、男になる(ケアワーカーたちがケアを必要とする
  • 「依存」は例外ではない
  • 子育ての不思議さ ほか)
  • 補論2 弱く、小さき者から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非モテの品格
著作者等 杉田 俊介
書名ヨミ ヒモテ ノ ヒンカク : オトコ ニ トッテ ヨワサ トワ ナニカ
書名別名 男にとって「弱さ」とは何か

Himote no hinkaku
シリーズ名 集英社新書 0855
出版元 集英社
刊行年月 2016.10
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720855-9
NCID BB22248237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22802773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想