通商国家カルタゴ

栗田伸子, 佐藤育子 [著]

紀元前二千年紀、経済力と技術力を武器に、東地中海沿岸に次々と商業都市を建設したフェニキア人。アルファベットの元となった「フェニキア文字」で知られる彼らは、オリエントの諸大国に脅かされながらもしたたかに生き抜き、北アフリカにカルタゴを建国、地中海の覇者となる。ローマとの三次に及ぶ戦争で滅亡した海上帝国は、歴史に何を残したか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 地中海史の中のカルタゴ
  • 第1章 フェニキアの胎動
  • 第2章 本土フェニキアの歴史
  • 第3章 フェニキア人の西方展開-伝承と事実
  • 第4章 カルタゴ海上「帝国」
  • 第5章 上陸した「帝国」
  • 第6章 カルタゴの宗教と社会
  • 第7章 対ローマ戦への道
  • 第8章 ハンニバル戦争
  • 第9章 フェニキアの海の終わり
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 通商国家カルタゴ
著作者等 佐藤 育子
栗田 伸子
書名ヨミ ツウショウ コッカ カルタゴ
書名別名 Tsusho kokka karutago
シリーズ名 興亡の世界史 2387
講談社学術文庫 2387
出版元 講談社
刊行年月 2016.10
ページ数 445p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292387-3
NCID BB2223773X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22811531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想