読むミクロ経済学

井上義朗 著

ミクロ経済学はどのような考え方や思想を持つ学問なのか、そしてミクロ経済学の基本的理論とはどのようなものなのか、読みながらじっくりと考えていき、ひと続きのストーリーとしてこれらがスムーズに理解できるようにつくられた新しいスタイルのテキスト。着実な理解に配慮して、節末・章末に問題を設け、数学的基礎について補論を加えた。2色刷。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ミクロ経済学とは何か
  • 消費者均衡の理論(1)-効用価値論の基礎
  • 消費者均衡の理論(2)-需要曲線はなぜ右下がりか
  • 経済学と微分法
  • 生産者均衡の理論(1)-費用理論の基礎
  • 生産者均衡の理論(2)-供給曲線はなぜ右上がりか
  • 市場均衡の理論-完全競争と効率性
  • 余剰分析とその応用-市場の失敗と政策介入
  • 弾力性とその応用
  • 不完全競争の理論-独占理論とゲーム理論
  • 無差別曲線分析(1)-序数的効用理論への発展
  • 無差別曲線分析(2)-再び、なぜ需要曲線は右下がりか
  • 無差別曲線分析(3)-所得効果と代替効果
  • 無差別曲線分析(4)-効率と公平

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読むミクロ経済学
著作者等 井上 義朗
書名ヨミ ヨム ミクロ ケイザイガク
書名別名 Yomu mikuro keizaigaku
出版元 新世社 : サイエンス社
刊行年月 2016.9
ページ数 283p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88384-242-1
NCID BB22218746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22802282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想