多摩川飲み下り

大竹聡 著

奥多摩駅から多摩川沿いに、のべ27日間かけて、ひたすら歩いちゃあ酒を飲む。目指す終点は川崎駅のそのまた先の多摩川河口だ。歩いた後は、居酒屋でビールにハムカツ、河原でコロッケと酎ハイを楽しむ。これがなぜかたまらず美味い!河原で草野球や、魚釣りの親子を眺めながら寝転がれば極楽気分。非日常の旅はこんな近くにあった。ほぼ書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飲み下り開始地点「奥多摩」にてさっそくがぶ飲みする
  • 「白丸駅」付近で大地震に見舞われ「鳩ノ巣」へ退避する
  • 川下り再開は再び「鳩ノ巣」。「御嶽」までの寒中散歩です
  • 「御嶽」でラーメンをいただき澤乃井の蔵を目指す
  • 蔵の横で角打ち発見、「日向和田」までズンズン歩く
  • 梅を干す家の前を通って川辺へ下る。最高の気分です
  • 酷暑の中を歩きに歩いて、「青梅」で鰻を奮発します
  • コロッケ、唐揚げをつまみに河原で缶ビールランチ!
  • 「羽村」のチェーン居酒屋さんで生ビールを一気飲み!
  • 取水堰から玉川上水沿いを歩き、「福生」でピザを〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多摩川飲み下り
著作者等 大竹 聡
書名ヨミ タマガワ ノミクダリ
シリーズ名 ちくま文庫 お62-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.10
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43387-9
NCID BB22218564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22819353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想