山のきもち

山本悟 著

[目次]

  • 鳥取県智頭町の挑戦
  • 第1部 活発化する林業・林産業(国産材が動き出した
  • 林業の現場も活発化
  • 課題を考える
  • 木材活用の動き)
  • 第2部 木の底力と森の歴史(見直される木の力
  • 日本人は「森の民」か
  • はげ山緑化の歴史
  • 森に学んだ共助の発想)
  • 第3部 「ほっとする社会」へ新たな価値観(緑化の原点に学ぶ
  • 持続可能性を求めて
  • 山村が走り出した
  • 自然資本の考え方
  • ヤマと都会
  • 都市と里山の交流
  • 模索する新たな価値観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山のきもち
著作者等 山本 悟
書名ヨミ ヤマ ノ キモチ : シンリンギョウ ガ ホッ ト スル シャカイ オ ツクル
書名別名 森林業が「ほっとする社会」をつくる
出版元 東京農業大学出版会
刊行年月 2016.7
ページ数 320p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88694-464-1
NCID BB22214519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22778813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想