心はどこにあるのか

ダニエル・C・デネット 著 ; 土屋俊 訳

動物に心はあるか、機械は心をもちうるか、人間の心はどのように発達してきたか-古代から人々を魅了してきた、「心」をめぐるさまざまな謎。はたして、今日の哲学や科学はどこまでそれを解明できたのか。デネットは、認知科学や生物学など多種多様な学問の成果を精力的に取り込みつつ、研究の新局面を切り拓いてきた、現代を代表する哲学者である。一般向けの講義をもとにした本書で、彼は進化論的な着想にもとづき、心はどのように誕生し、発達を遂げたのかを明らかにしていく。いまだに解決困難な心の謎を、世界的権威がこのうえなく平明に解きほぐす、最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 さまざまな種類の心
  • 2 そこに意識は存在するか
  • 3 身体と心
  • 4 心の進化論
  • 5 思考の誕生
  • 6 わたしたちの心、そしてさまざまな心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心はどこにあるのか
著作者等 Dennett, Daniel Clement
土屋 俊
Dennett Daniel C.
デネット ダニエル・C.
書名ヨミ ココロ ワ ドコ ニ アルノカ
書名別名 KINDS OF MINDS
シリーズ名 ちくま学芸文庫 テ12-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.10
ページ数 284p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09753-8
NCID BB22214268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22816270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想