かたち・色・レイアウト

白石学 編 ; 小西俊也, 白石学, 江津匡士 著

デザインの基礎となる読み書きの能力を「デザインリテラシー」という。ムサビのデザイン情報学科1年生は、この能力を培うためパソコンに頼らず、手作業で10のExerciseにとり組む。4週間のデザイン入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 デザインリテラシーとは何か?(デザインの基礎となる読み書きの能力)
  • 第1章 かたちを学ぶ(かたちを把握する
  • 輪郭を見出す
  • 眼はだまされる ほか)
  • 第2章 色を学ぶ(色とは何か
  • 眼の構造と知覚
  • 色を表す方法 ほか)
  • 第3章 レイアウトを学ぶ(文字の構成と配置
  • 書体を選ぶ
  • 文字を組む ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 かたち・色・レイアウト
著作者等 小西 俊也
江津 匡士
白石 学
書名ヨミ カタチ イロ レイアウト : テ デ マナブ デザイン リテラシー
書名別名 手で学ぶデザインリテラシー
出版元 武蔵野美術大学出版局
刊行年月 2016.9
ページ数 119p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-86463-053-5
NCID BB22177128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22791279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想