日本の金融リスク管理を変えた10大事件

藤井健司 著

プラザ合意、BIS規制、不良債権処理、メガバンク誕生-すべてがリスク管理を変えた。金融リスク管理は、さまざまな経験に対する不断の改善の賜物。すべてを目撃してきた実務家が、その歴史と教訓を綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 プラザ合意(1985年)
  • 第1章 BIS規制と「リスク」アセット(1988年)
  • 第2章 VaR革命と「VaRショック」(1993〜2003年)
  • 第3章 大和銀行ニューヨーク支店損失事件と独立したリスク管理(1995年)
  • 第4章 日本の金融危機とジャパン・プレミアム(1997〜1998年)
  • 第5章 メガバンクの誕生と持株会社リスク管理(2000〜2002年)
  • 第6章 システム障害と危機管理態勢(2001〜2002年)
  • 第7章 バーゼル2と内部格付手法
  • 第8章 個人情報保護法と情報セキュリティ(2004年)
  • 第9章 金融再生プログラムと不良債権最終処理(2003〜2005年)
  • 第10章 バーゼル3とリスクガバナンス(2009年〜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の金融リスク管理を変えた10大事件
著作者等 藤井 健司
書名ヨミ ニホン ノ キンユウ リスク カンリ オ カエタ ジュウダイ ジケン
書名別名 10 CASES THAT CHANGED THE FINANCIAL RISK MANAGEMENT OF JAPAN
出版元 金融財政事情研究会 : きんざい
刊行年月 2016.9
ページ数 344p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-322-12896-3
NCID BB22172634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22799335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想