インダス文明の社会構造と都市の原理

小茄子川歩 著

インダス文明はいかにして成立したのか。都市空間・彩文土器・印章の詳細な分析を通して、文明の成立にともなう社会変革の実態を明らかにし、新たな都市論を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の目的と方法
  • 第1章 都市はどのように考えられてきたか
  • 第2章 都市を考えるための諸側面
  • 第3章 モヘンジョダロの創出
  • 第4章 ハラッパー式彩文土器の創出
  • 第5章 インダス式印章の「発明」
  • 終章 インダス文明の社会構造と都市の原理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インダス文明の社会構造と都市の原理
著作者等 小茄子川 歩
書名ヨミ インダス ブンメイ ノ シャカイ コウゾウ ト トシ ノ ゲンリ
書名別名 Indasu bunmei no shakai kozo to toshi no genri
出版元 同成社
刊行年月 2016.9
ページ数 256p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-88621-740-0
NCID BB22156048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22793454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想