商業空間は何の夢を見たか

三浦展, 藤村龍至, 南後由和 著

商業ビルが都市と広場をつくった時代。60〜70年代に生まれた近代都市への疑念と新しい街づくり志向、80年代以降の郊外につくられた「虚構」の空間、そして、つねに模索されてきた「日本的広場」…。商業は何をつくれたか、つくれなかったか。浜野安宏氏、陣内秀信氏へのインタビューも収録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 システムに対する反抗-商業施設にとっての七〇年代あるいはパルコ前史
  • 浜野安宏氏インタビュー-一九六八年から都市と建築の未来を考える
  • 第2章 商業施設に埋蔵された「日本的広場」の行方-新宿西口地下広場から渋谷スクランブル交差点まで
  • 陣内秀信氏インタビュー-「広場」を、あらためて問う
  • 第3章 八〇年代埼玉という場所-「コンセプトの時代」の一断面
  • 終章 商業空間と都市・郊外のこれから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 商業空間は何の夢を見たか
著作者等 三浦 展
南後 由和
藤村 龍至
書名ヨミ ショウギョウ クウカン ワ ナンノ ユメ オ ミタカ : センキュウヒャクロクジュウ ニセンジュウネンダイ ノ トシ ト ケンチク
書名別名 1960~2010年代の都市と建築
出版元 平凡社
刊行年月 2016.9
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-582-83739-1
NCID BB22128202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22860357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想