鹿児島の食の奥義を探る

古閑章 編

本書は、二〇一五年十二月五日に開催した、鹿児島純心女子大学主催の学際シンポジウム「人は何によってよりよく生きられるか-食と健康と文化の問題を視座として」を中心に、そのテーマに沿ったエッセイを花房として添えることによって、新薩摩学シリーズの一冊として刊行するものである。人生八十年の時代を迎え、生涯健康で、よりよく生きることが求められる昨今に、日本でも有数の長寿県である鹿児島の食の奥義に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 学際シンポジウム報告-人は何によってよりよく生きられるか(基調講演
  • パネリスト講演
  • パネルディスカッション
  • 間奏曲)
  • 第2部 食と健康と文化にまつわるエッセイ(味覚は過去の記憶であり体験である。-向田邦子のマドレーヌ
  • 病変(食べる日本近現代文学史-鹿児島篇)
  • 海音寺潮五郎「二本の銀杏」の正月料理-近代文学における食の問題に触れつつ
  • いのち・栄養・学校教育の諸問題-世界の子どもたちの「いま」について考える
  • 海辺を食べる。獲って食べる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鹿児島の食の奥義を探る
著作者等 古閑 章
書名ヨミ カゴシマ ノ ショク ノ オウギ オ サグル
書名別名 Kagoshima no shoku no ogi o saguru
シリーズ名 新薩摩学 / 鹿児島純心女子大学国際文化研究センター 編 12
出版元 南方新社
刊行年月 2016.9
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86124-339-4
NCID BB22126604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22799879
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想