ソーシャルメディアと〈世論〉形成

遠藤薫 編著

ソーシャルメディアは主張する!『インターネットと"世論"形成』刊行から12年、ソーシャルメディアの浸透で社会はどう変わったか。融合と対立の二面性を併せ持つソーシャルメディアのダイナミズムに迫る。津田大介氏対談収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ソーシャルメディア社会における"世論"の諸問題("世論"とは何か-その基礎理論を考える
  • インターネットと"公共圏"論の系譜 ほか)
  • 第2部 現場からの報告(ネット選挙とソーシャルメディア-社会は、データ化で加速する「イメージ政治」をいかにして読み解くか
  • 間メディア社会における"世論"と"選挙"の現在-2014年12月衆議院選挙に関する調査から ほか)
  • 第3部 ソーシャルメディアとアクティビズム(「tsudaる」からポスト「ポリタス」まで(対談:津田大介×遠藤薫))
  • 第4部 ソーシャルメディアと"世論"、そして社会変動(デジタルネイティブ・ジャーナリズムの新しい動きとビッグデータ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソーシャルメディアと〈世論〉形成
著作者等 前嶋 和弘
坂野 達郎
塚越 健司
木本 玲一
津田 大介
西田 亮介
趙 新利
遠藤 薫
陳 雅賽
鳥海 不二夫
黄 升民
榊 剛史
書名ヨミ ソーシャル メディア ト セロン ケイセイ : カンメディア ガ セカイ オ ユルガス
書名別名 間メディアが世界を揺るがす
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2016.9
ページ数 335p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-501-63000-3
NCID BB22119959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22796857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想