石川九楊著作集  3

石川九楊 著

"タテマエ"と"ホンネ"も日本語の構造から生まれる!音声中心の西欧言語学が解きえない東アジアにおける"書字言語"の諸現象-なかでも三つの文字を使う日本語の特異性は際立っている。"書字言語"の生成の現場に鋭く切り込み、日本語の輪郭を鮮やかに浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 日本語の手ざわり(言葉と文字
  • 漢字と東アジア
  • 日本語と文字
  • 漢字と日本語 ほか)
  • 日本語とはどういう言語か(文篇
  • 言篇)
  • 文字の現在 書の現在-その起源を読み解く(書くことの終焉-ワープロと文字のゆくえ
  • 時代をかろやかに追走する「丸文字」
  • 丸文字症候群考
  • 当世文字現象考 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石川九楊著作集
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ イシカワ キュウヨウ チョサクシュウ
書名別名 日本語とはどういう言語か : 言語論
巻冊次 3
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.9
ページ数 671p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07749-6
NCID BB22118184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22792499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想