安重根と東洋平和論

李泰鎭, 安重根ハルピン学会 編著 ; 勝村誠, 安重根東洋平和論研究会 監訳

安重根が遺した「東洋平和論」が現代日本に問いかけるものは何か。1909年10月26日、ハルピン駅構内で前韓国統監の伊藤博文を銃殺した安重根。日本は「犯罪者」とするが、韓国、中国では「抗日の精神的シンボル」と評価される。この歴史認識の深い溝は、現代日本の東アジア認識とも重なり合う。本書は、日・韓・中の研究者が安重根の独立闘争と「東洋平和論」に焦点を当て安重根の行動と思想を考察し、日本の植民地支配と歴史認識を改めて問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 安重根の独立闘争をめぐって(安重根のハルピン義挙100周年の省察-安重根研究が進むべき道
  • 安重根の義兵運動
  • 安重根のハルピン義挙と高宗皇帝
  • 安重根裁判の不法性と東洋平和-1905年「韓国保護条約」の効力との関わり
  • 安重根家門の百歳遺芳と忘却地帯)
  • 第2部 安重根と東洋平和論(韓国近代東洋平和論の起源および系譜と安重根
  • 未完の『東洋平和論』-その思想水脈と可能性について
  • 日本の拡張主義と安重根の東洋平和論
  • 安重根の東洋平和論再照明
  • 安重根の裁判-安重根とカントの思想の比較研究)
  • 第3部 安重根と中国・日本(中国人が書いた安重根に関する著作物と彼に抱く三つのイメージ
  • 安重根義挙の中国に対する影響とその評価
  • 日本における安重根研究の現況と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安重根と東洋平和論
著作者等 勝村 誠
安重根ハルピン学会
安重根東洋平和論研究会
李 泰鎭
李 泰鎮
書名ヨミ アン ジュングン ト トウヨウ ヘイワロン
出版元 日本評論社
刊行年月 2016.9
ページ数 421p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-58690-1
NCID BB22112654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22795378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想