景気変動論

妹尾芳彦 著

けいき(景気)知っているようで知らない語の代表格。意外に誤解の多い「景気」という語の意味を厳密にとらえ、波(=景気変動)をうまく観測することで、資本主義経済の来し方行く末が見えてくる!学部生以上対象の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 景気変動論の曙
  • 第2章 景気理論としての恐慌理論
  • 第3章 景気変動の認識と分析(戦前期の総括)
  • 第4章 景気変動論の発展
  • 第5章 景気とは何か
  • 第6章 現代の経済と景気

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 景気変動論
著作者等 妹尾 芳彦
書名ヨミ ケイキ ヘンドウロン
書名別名 Keiki hendoron
出版元 新評論
刊行年月 2016.9
ページ数 221p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7948-1048-9
NCID BB2211236X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22789119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想