インドネシアイスラーム大国の変貌

小川忠 著

イスラーム国家の模範となるか、テロの温床と化すか-。民主化と経済成長、その足元で加速するイスラーム化、迫り来るテロの脅威など、変貌著しいインドネシア。世界が「どうイスラームと向き合えばいいか?」という重い課題に頭を抱えるなか、資本主義経済とイスラーム的価値を融和させ、かつ多宗教/多民族の共生をめざすこの国の重要性は増すばかり。日本の未来をも占う、インドネシアの現在を徹底分析!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 テロリズム克服の模索
  • 第2章 加速する「イスラーム化」
  • 第3章 揺らぐ「寛容なイスラーム」
  • 第4章 インドネシアのイスラーム外交の新潮流
  • 第5章 内側から見た親日大国
  • 第6章 イスラーム大国との新たな交流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドネシアイスラーム大国の変貌
著作者等 小川 忠
書名ヨミ インドネシア イスラーム タイコク ノ ヘンボウ : ヤクシン ガ モタラス アラタ ナ キキ
書名別名 躍進がもたらす新たな危機

Indoneshia isuramu taikoku no henbo
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2016.9
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603792-4
NCID BB22104612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22801659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想