頼朝と街道

木村茂光 著

鎌倉に本拠を構えた源頼朝は、数度の長期遠征を経て物流の動脈たる街道をおさえ、その支配領域を拡大していく。幕府成立期において街道が果たした政治的役割を明らかにし、鎌倉に富が集積されるにいたる過程を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「動く頼朝」の視点-プロローグ
  • 都市鎌倉と巨大都市平泉
  • 東山道の政治的位置と矛盾
  • 南常陸と江戸湾の掌握-富士川の合戦と金砂合戦
  • 巨大都市平泉と頼朝政権-奥州合戦の政治史
  • 鎌倉街道上道・東海道の整備と掌握-富士の巻狩りと二度の上洛
  • 街道整備の進展-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 頼朝と街道
著作者等 木村 茂光
書名ヨミ ヨリトモ ト カイドウ : カマクラ セイケン ノ トウゴク シハイ
書名別名 鎌倉政権の東国支配
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 435
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.10
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05835-3
NCID BB22095577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22794288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想