トランスナショナル・ジャパン

岩渕功一 著

九〇年代以降、日本とアジア諸国の間ではポップ・カルチャーが相互浸透し日常化している。音楽、ドラマ、映画、マンガ…グローバル化が進展するなか歴史的・政治的な摩擦に覆われたアジアという空間で、文化を通してどのような「出会い」が生じたのか。日本のトランスナショナルなつながりへの希求と内向きのナショナリズムとの危うい関係をあぶり出した先駆的研究が、最新の論考を加えて蘇る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 九〇年代-グローバライゼーションのなかのアジア回帰
  • 第1章 「ジャパナイゼーション」再考-グローバライゼーションとローカライゼーションの相克
  • 第2章 「アジアを席巻する日本ポピュラー文化」の語られ方
  • 第3章 グローカライゼーション-日本メディア産業の東・東南アジア市場戦略
  • 第4章 文化的近似性・近時性の節合-台湾「日本偶像劇」の受容から
  • 第5章 日本におけるポピュラーアジア消費
  • 終章 アジアンドリームワールド
  • 付章 メディア文化がアジアをひらく-方法としてのトランスアジア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トランスナショナル・ジャパン
著作者等 岩渕 功一
書名ヨミ トランスナショナル ジャパン : ポピュラー ブンカ ガ アジア オ ヒラク
書名別名 ポピュラー文化がアジアをひらく
シリーズ名 学術 354
岩波現代文庫 354
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.9
ページ数 332,32p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600354-8
NCID BB22083895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22801924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想