難民問題

墓田桂 著

シリアなどイスラム圏では紛争が続き、大量の難民が発生している。2015年9月、溺死した幼児の遺体写真をきっかけに、ドイツを中心に難民受け入れの輪が広がった。だが同年11月のパリ同時多発テロ事件をはじめ、欧州で難民・移民の関係した事件が続発。16年6月、EU離脱を決めたイギリス国民投票にも影響した。苦しむ難民を見過ごしてよいのか、だがこのままでは社会が壊れかねない。欧州の苦悩から日本は何を学ぶか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 難民とは何か
  • 第2章 揺れ動くイスラム圏
  • 第3章 苦悩するEU
  • 第4章 慎重な日本
  • 第5章 漂流する世界
  • 終章 解決の限界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 難民問題
著作者等 墓田 桂
書名ヨミ ナンミン モンダイ : イスラムケン ノ ドウヨウ イーユー ノ クノウ ニホン ノ カダイ
書名別名 イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本の課題
シリーズ名 中公新書 2394
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.9
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102394-0
NCID BB22081980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22799710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想