シベリア出兵

麻田雅文 著

1917年11月に勃発したロシア革命。共産主義勢力の拡大に対して翌年8月、反革命軍救出を名目に、日本は極東ロシアへ派兵、シベリア中部のバイカル湖畔まで占領する。だがロシア人の傀儡政権は機能せず、パルチザンや赤軍に敗退を重ねる。日本人虐殺事件の代償を求め、北サハリンを占領するなど、単独で出兵を続行するが…。本書は、増派と撤兵に揺れる内政、酷寒の地での7年間にわたる戦争の全貌を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ロシア革命勃発の余波-一九一七〜一八年
  • 第1章 日米共同出兵へ-一九一八年
  • 第2章 広大なシベリアでの攻防-一九一九年
  • 第3章 赤軍の攻勢、緩衝国家の樹立-一九一九〜二〇年
  • 第4章 北サハリン、間島への新たな派兵-一九二〇年
  • 第5章 沿海州からの撤兵-一九二一〜二二年
  • 第6章 ソ連との国交樹立へ-一九二三〜二五年
  • 終章 なぜ出兵は七年も続いたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シベリア出兵
著作者等 麻田 雅文
書名ヨミ シベリア シュッペイ : キンダイ ニホン ノ ワスレラレタ ナナネン センソウ
書名別名 近代日本の忘れられた七年戦争
シリーズ名 中公新書 2393
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.9
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102393-3
NCID BB22081641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22799713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想