わたしの小さな古本屋

田中美穂 著

岡山・倉敷の美観地区、その外れに佇む古書店「蟲文庫」。10坪にみたない店内には古本と一緒に苔や羊歯のグッズが並び、亀などの動植物がいて、時には音楽イベントが開かれる。知識、予算なしからの開業奮闘記、人と本のつながりが生んだ思いも寄らない出来事、そして偏愛する苔の話まで。ユニークな古書店の店主が、帳場から見た日常を綴る。増補して文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 そうだ、古本屋になろう(そうだ、古本屋になろう
  • 川西町の四軒長屋 ほか)
  • 第2章 見よう見まねの古本屋(百万円でできる店
  • 棚板を探して ほか)
  • 第3章 お客さん、来ないなぁ(父の置き土産
  • ミルさん ほか)
  • 第4章 めぐりめぐってあなたのもとへ(観光地の古本屋
  • 二十五年前の小学生 ほか)
  • 第5章 そして店番は続く(苔と古本の道
  • 尾崎一雄と苔の道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わたしの小さな古本屋
著作者等 田中 美穂
書名ヨミ ワタシ ノ チイサナ フルホンヤ
シリーズ名 ちくま文庫 た80-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.9
ページ数 230p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43381-7
NCID BB22051017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22804386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想