ひとりで学べる電磁気学

中山正敏 著

電磁気学の理解のためには数式ではなく、まず電場や磁場を「電気力線」「磁力線」によって、物理的なモノとして捉えることが大切です。「力線」の運動の法則、その集大成が電磁気学なのです。本書では、ファラデーによる「力線」の着想を軸に、現代物理につながるように電磁気学を説明します。スマートフォンやICカードなどの応用技術にも触れ、読めば電磁気学の全体像がよく分かります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 触れていないのに働く力-万有引力、電気力、磁気力
  • 第2章 正電荷から発生し、負電荷で終わる電気力線
  • 第3章 電流は通すが電場は通さない導体
  • 第4章 電荷の流れ、電流
  • 第5章 電流は通さないが電場は通す誘電体
  • 第6章 磁石とは何だろうか
  • 第7章 磁束密度線の運動が電気を作り出す
  • 第8章 空間を飛び回る力線の波-マクスウェル方程式と電磁波

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとりで学べる電磁気学
著作者等 中山 正敏
書名ヨミ ヒトリ デ マナベル デンジキガク : タイセツ ナ ポイント オ アマサズ リカイ
書名別名 大切なポイントを余さず理解

Hitori de manaberu denjikigaku
シリーズ名 ブルーバックス B-1986
出版元 講談社
刊行年月 2016.9
ページ数 274p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257986-5
NCID BB22049015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22799780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想