重力波とはなにか

安東正樹 著

地球から太陽までの距離で、水素原子1個分の伸び縮み-とても可能とは思えない微小な波の観測に、「予言」から100年で人類はついに成功した!それは、われわれの宇宙観をどう変えるのか?本質を理解するために知っておきたいことを重力波研究のリーダーがやさしく濃く解説!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 重力波の前に
  • 第2章 これが重力波だ
  • 第3章 重力波の存在証明
  • 第4章 重力波観測への挑戦
  • 第5章 進化する「第二世代」
  • 第6章 重力波の初観測
  • 第7章 重力波天文学でわかること
  • 第8章 重力波が変える宇宙論
  • 第9章 究極の重力理論を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重力波とはなにか
著作者等 安東 正樹
書名ヨミ ジュウリョクハ トワ ナニカ : ジクウ ノ サザナミ ガ ヒラク アラタ ナ ウチュウロン
書名別名 「時空のさざなみ」が拓く新たな宇宙論

Juryokuha towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス B-1983
出版元 講談社
刊行年月 2016.9
ページ数 317p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257983-4
NCID BB22046141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22800552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想