形式意味論入門

田中拓郎 著

形式意味論は、その表現形の煩雑さから、とかく敬遠されがちである。本書では意味論研究の経験が一切ない読者を対象に、形式意味論の基本からはじめて、その思考法を平易に解説する。数学や論理学の知識のない人でも楽しく読み進められるよう、実例に即して諸概念を分かりやすく導入する。ラムダ(λ)恐怖症の人でも、数式アレルギーの人でも、形式意味論の考え方に親しみ、自分の研究に活かす方策を手に入れることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 形式意味論の全体図
  • 第2章 単語の意味-タイプ理論とその適用
  • 第3章 世界の捉え方と表現形-モデル世界意味論とラムダ演算
  • 第4章 意味計算規則-単語と単語をつなぐルール
  • 第5章 否定と接続詞-命題論理の使い方
  • 第6章 量子化-形式意味論の歴史と発展
  • 第7章 数量詞上昇(Quantifier Raising)
  • 第8章 代名詞(Pronoun)と省略(Ellipsis)
  • 第9章 仮説を立ててみる
  • 第10章 形式意味論の論文を読み解くために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 形式意味論入門
著作者等 田中 拓郎
書名ヨミ ケイシキ イミロン ニュウモン
シリーズ名 開拓社叢書 27
出版元 開拓社
刊行年月 2016.9
ページ数 238p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7589-1822-0
NCID BB22032012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22793474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想