軽やかに余命を生きる

田中雅博 著

逃れられない死に、人はどう向き合えばいいのか-。進行がんにかかりながらもその現実を受け止め、軽やかに淡々と生きる著者は、自己の執着から離れ、いのちより大切な自分だけの価値を見つけていました。生と死に向き合うヒントを伝えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 膵臓がんステージ4bを私はこうして生きてる(医敦の不養生で…
  • 「よくそんなに淡々としていられますね」 ほか)
  • 第2章 「いのちの苦」に直面した人が置き去りにされている(寺の息子、医者になる
  • 新薬はまず自らに注射-尊敬する師との出会い ほか)
  • 第3章 「いのちの苦」にどう向き合うか(お釈迦さまが目指した「いのちのケア」
  • 治療や看病は僧侶が行っていた ほか)
  • 第4章 覚悟が希望を連れてくる(民間療法にだまされてはいけない、その理由
  • 「自然由来の漢方なら安全」は大間違い ほか)
  • 第5章 穏やかに、希望をもって今日を生きる(お釈迦さまも膵臓がんだった?
  • がんには覚悟を固める時間の猶予がある ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 軽やかに余命を生きる
著作者等 田中 雅博
書名ヨミ カロヤカ ニ ヨメイ オ イキル
書名別名 Karoyaka ni yomei o ikiru
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2016.5
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-104143-7
NCID BB22021286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22758889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想