心理療法の交差点  2

岡昌之, 生田倫子, 妙木浩之 編著

心理療法はなぜ多様に存在するのか?事例の見立てと介入方針をめぐる、"第2世代"の心理療法を交えた議論から、各アプローチの異同の核心へとさらに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 本書に登場する心理療法(短期力動療法とは
  • ユング派心理療法とは
  • スキーマ療法とは
  • ブリーフセラピーとは)
  • 第2部 事例の検討(自傷行為を繰り返す高校生のA子さん
  • 夫との熟年離婚を考える妻B子さん
  • 神経症的な症状とPTSDの問題を抱えるCさん)
  • 第3部 心理療法の交差点(座談会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理療法の交差点
著作者等 伊藤 絵美
妙木 浩之
岡 昌之
生田 倫子
田中 康裕
若島 孔文
書名ヨミ シンリ リョウホウ ノ コウサテン
書名別名 短期力動療法・ユング派心理療法・スキーマ療法・ブリーフセラピー

Shinri ryoho no kosaten
巻冊次 2
出版元 新曜社
刊行年月 2016.9
ページ数 309p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1489-8
NCID BB22017733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22788158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想