持続可能なエネルギー社会へ

舩橋晴俊, 壽福眞美 編著

2011年の東日本大震災後、原発から脱却する決断を下したドイツと、最悪の事故に見舞われながらもなお再稼働を強行しようとする日本。持続可能な社会への「エネルギー転換」政策は、どのような政治・社会過程をへて実現できるのか。サステイナビリティ研究所、法政大学社会学部科研費プロジェクト、原子力市民委員会が共催し、ドイツの政策決定に関わった専門家や日本の識者が討論した国際シンポジウムの記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ドイツのエネルギー転換(エネルギー転換-好機と挑戦
  • ドイツにおける再生可能エネルギーの地域経済効果
  • ドイツの核エネルギー政策-スリーマイル島、チェルノブイリ、福島に対する反応
  • ドイツ脱原発-市民参加から発した政策転換
  • 専門家討議、市民参加、政治的意思形成-1979年、ドイツ核エネルギー政策の挫折の始まり
  • 特別寄稿 緑の党とエネルギー転換)
  • 第2部 日本のエネルギー転換(3・11Fukushimaと世界・日本のエネルギー事情
  • 原子力政策をめぐる社会制御の欠陥とその変革
  • 日本の市民運動は、原子力発電所を終わらせエネルギー政策の転換を実現することができる-私たちは何をすべきか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 持続可能なエネルギー社会へ
著作者等 Hennicke, Peter
Kotting-Uhl, Sylvia
Krieger, Kristian
Raupach-Sumiya, Jörg
Renn, Ortwin
スミス アイリーン・美緒子
北沢 宏一
寿福 真美
山本 知佳子
船橋 晴俊
壽福 眞美
書名ヨミ ジゾク カノウ ナ エネルギー シャカイ エ : ドイツ ノ ゲンザイ ミライ ノ ニホン
書名別名 ドイツの現在、未来の日本
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2016.8
ページ数 255p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-62531-2
NCID BB21961923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22786118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
3・11Fukushimaと世界・日本のエネルギー事情 北澤宏一
エネルギー転換 ペーター・ヘニッケ, 壽福眞美
ドイツにおける再生可能エネルギーの地域経済効果 ヨーク・ラウパッハ・スミヤ, 壽福眞美
ドイツの核エネルギー政策 オルトヴィン・レン, クリスティアン・クリーガー, 壽福眞美
ドイツ脱原発 山本知佳子
原子力政策をめぐる社会制御の欠陥とその変革 船橋 晴俊
専門家討議,市民参加,政治的意思形成 壽福眞美
日本の市民運動は,原子力発電所を終わらせエネルギー政策の転換を実現することができる アイリーン・美緒子・スミス, アイリーン・美緒子・スミス, 壽福眞美, 溝渕由起
福島事故の検証からわかったこと〈口頭報告〉 今清水正巳, 北澤宏一, 北澤邦子, 壽福眞美
緑の党とエネルギー転換 ジルヴィア・コッティング=ウール, 壽福眞美
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想