心理職の組織への関わり方

新田泰生, 足立智昭 編

時代のニーズに応えて心理臨床家が模索する、組織への臨床戦略とは?ストレスチェック制度のもとで何ができるか?など、組織ならではの取り組みを第一線に立つ執筆陣が語りかける。組織とともに歩んでいく、これからの心理職に贈る。第4章には、日本心理臨床学会第33回秋季大会において行われ、大好評を博した自主シンポジウム「『組織のメンタルヘルス体制作り』と『再就職支援』の最前線-現場からのモデルづくり、ビジョンづくりをめぐって」を完全収録!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 方法論を意識した産業心理臨床(「組織に関わる」産業心理臨床へ
  • 方法論を意識した産業心理臨床)
  • 第2章 心理職と組織の多面的な関わり(私と産業保健活動との関わり-企業内心理職として
  • 長時間時間外労働者健診に参画した経験に基づいて産業・組織臨床における心理職の有用性を考える-長時間働いても病気にならない人のサバイバル・スキルとは?
  • 外部機関としての関わり-役割と責任を意識したコンサルテーション
  • 組織の健康を支えるメンタルヘルス対策教育・研修の進め方)
  • 第3章 ストレスチェック制度に活かす心理職の専門性(衛生学・公衆衛生学領域における心理臨床の展開
  • ストレスチェック制度-高ストレス者スクリーニングにおける臨床心理士の役割
  • ストレスチェック制度と職場環境改善)
  • 第4章 「組織のメンタルヘルス体制作り」と「再就職支援」の最前線-現場からのモデルづくり、ビジョンづくりをめぐって(司会の挨拶
  • 話題提供1「少しだけ」方法論を意識しての産業心理臨床
  • 話題提供2 組織臨床コンサルタントという発想-惨事ストレス対策を根づかせる海上保安庁での10年間の活動から
  • 話題提供3 再就職支援会社で支援を受けている精神疾患を抱えた中高年男性の失業体験プロセス-実践で活かせる研究の方法論の視点
  • 指定討論
  • 質疑応答)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理職の組織への関わり方
著作者等 新田 泰生
足立 智昭
書名ヨミ シンリショク ノ ソシキ エノ カカワリカタ : サンギョウ シンリ リンショウ モデル ノ コウチク ニ ムケテ
書名別名 産業心理臨床モデルの構築に向けて
出版元 誠信書房
刊行年月 2016.7
ページ数 155p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-414-41613-8
NCID BB21882135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22776418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想