ボランティアという病

丸山千夏 著

熊本地震にも多く集まったボランティアの人々。多くのマスコミは、ボランティアの人々を持ち上げ、毎日のように報道している。だが、その裏側では、ボランティアの範囲を超えた越権行為、必要のない物資の援助、野放しにされている巨額の寄付金、そしてこれからはじまる復興利権など、多くの問題を抱えている。しかし、それらを批判することはタブーとされてきた。すべて善意のもとに正当化されてきたからだ。本書では、善意のもとに、ボランティアのすべてを受け入れてしまう日本人の病を抉り出す。はたして、あなたの善意は、本当に必要とされているのか。本当に正しいのか。検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 熊本地震2016御船町ボラセン
  • 第2章 御船町つながり拠点
  • 第3章 日常と非日常のはざまで
  • 第4章 物資支援戦争
  • 第5章 「人の不幸は蜜の味」-SNSと災害のおいしい関係
  • 第6章 ボランティアの歴史
  • 終章 それでもボランティアをやってみたいあなたへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボランティアという病
著作者等 丸山 千夏
書名ヨミ ボランティア ト イウ ヤマイ
シリーズ名 宝島社新書 463
出版元 宝島社
刊行年月 2016.8
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8002-5882-3
NCID BB21876959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22777599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想