文明の交差路としての地中海世界

ブーシュラ・ラムゥニ・ベンヒーダ, ヨゥン・スラウィ 著 ; 吉田敦 訳

本書は、地中海世界の歴史、社会、生活様式、文化、そして「アラブの春」にはじまるアラブ世界での政治変動の位置づけ、資源問題から教育問題にいたる幅広いテーマを扱う。先進国と発展途上国の間の経済的・社会的な格差、多様な民族性ゆえの繰り返される衝突や紛争、偏在する天然資源を巡る攻防など、地中海沿岸地域の現状理解を深めるための地政学的な視点を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地中海世界の形成-分節化から地域統合へ
  • 第2章 地中海世界の分裂と統一の歴史と地政学
  • 第3章 地中海世界の社会、生活様式、文化-アイデンティティの危機と歩みより
  • 第4章 アラブの春-地中海世界の論理とその位置づけ
  • 第5章 水資源とエネルギー資源-地中海世界の挑戦と地政学的な役割
  • 第6章 地中海世界における「ソフトパワー」の展開と国境を越えた違法薬物取引の現状
  • 第7章 将来への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明の交差路としての地中海世界
著作者等 Rahmouni Benhida, Bouchra
Slaoui, Younes
吉田 敦
Benhida Bouchra Rahmouni
スラウィ ヨゥン
ベンヒーダ ブーシュラ・ラムゥニ
書名ヨミ ブンメイ ノ コウサロ ト シテ ノ チチュウカイ セカイ
書名別名 Géopolitique de la Méditerranée

Bunmei no kosaro to shite no chichukai sekai
シリーズ名 文庫クセジュ 1007
出版元 白水社
刊行年月 2016.8
ページ数 152,2p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-51007-0
NCID BB21871853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22779301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想