幽霊 近世都市が生み出した化物

髙岡弘幸 著

幽霊はいつ、いかにして生まれ、なぜ目に見えるのか。文学・芸能、民俗学的資料に描き込まれた幽霊が誘うままに近世社会を旅し、三都や城下町という「都市」の生活文化こそが幽霊の"怖さ"を生み出したことを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私たちの心が幽霊を生み出す-プロローグ
  • 幽霊の正体(幽霊とは何か
  • 可視化の系譜と構造)
  • 怖い幽霊の誕生(変身する幽霊
  • 怨念表象の系譜
  • 一八世紀における怨念表象の転換)
  • 幽霊が語る近世都市社会(庶民による抵抗-武士の世界と幽霊
  • 貨幣が紡ぎ出す恨み-商人の世界と幽霊
  • 女たちの復讐-「妬婦譚」再考)
  • 幽霊に託した現代日本人の「思い」-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幽霊 近世都市が生み出した化物
著作者等 髙岡 弘幸
書名ヨミ ユウレイ キンセイ トシ ガ ウミダシタ バケモノ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 433
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.9
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05833-9
NCID BB21867470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22782646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想