人間と実存

九鬼周造 著

九鬼周造(1888‐1941)は、時間論、偶然性の問題、「いき」をめぐる考察、日本詩の押韻の問題など、多岐にわたる思索を展開し、独創的な哲学を樹立した。本書は、九鬼の思索を凝縮した、九鬼哲学への最良の概論、入門書である。人間の本質、実存、偶然性、形而上学的時間、ハイデッガーの哲学、日本文化の特質などを論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間学とは何か
  • 2 実存哲学
  • 3 人生観
  • 4 哲学私見
  • 5 偶然の諸相
  • 6 驚きの情と偶然性
  • 7 形而上学的時間
  • 8 ハイデッガーの哲学
  • 9 日本的性格

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 人間學とは何か / 1
  • 二 實存哲學 / 50
  • 三 人生觀 / 101
  • 四 哲學私見 / 113
  • 五 偶然の諸相 / 130
  • 六 驚きの情と偶然性 / 153
  • 七 形而上學的時間 / 193
  • 八 ハイデッガーの哲學 / 217
  • 九 日本的性格 / 300

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間と実存
著作者等 九鬼 周造
藤田 正勝
書名ヨミ ニンゲン ト ジツゾン
書名別名 Ningen to jitsuzon
出版元 岩波書店
刊行年月 昭14
ページ数 323p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-00-331465-4
NCID BB21862284
BN01411276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46069509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想