〈物語と日本人の心〉コレクション  2

河合隼雄 著 ; 河合俊雄 編

心理療法とは、来談者が自分にふさわしい物語をつくりあげるのを援助する仕事だ、と河合隼雄はいう。日本古典の物語には、現代人が自分の人生の物語をつくるうえで参考になる知恵がたくさん詰まっている。うつろう美、殺人なき争い、継子の幸福。夢の重要性…。『竹取物語』『宇津保物語』『落窪物語』『浜松中納言物語』『平中物語』など、九世紀から十一世紀までの日本の王朝物語に現われる様々な物語パターンが、心理療法家独特の目を通して分析される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ物語か
  • 第2章 消え去る美
  • 第3章 殺人なき争い
  • 第4章 音の不思議
  • 第5章 継子の幸福
  • 第6章 冗句・定句・畳句-『平中物語』の歌
  • 第7章 物語におけるトポス
  • 第8章 紫マンダラ試案
  • 第9章 『浜松中納言物語』と『更級日記』の夢
  • 第10章 物語を仕掛ける悪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈物語と日本人の心〉コレクション
著作者等 河合 俊雄
河合 隼雄
書名ヨミ モノガタリ ト ニホンジン ノ ココロ コレクション
書名別名 物語を生きる : 今は昔、昔は今

Monogatari to nihonjin no kokoro korekushon
シリーズ名 学術 345
岩波現代文庫 345
巻冊次 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.8
ページ数 260,6p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600345-6
NCID BB21860347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22781260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想