石原吉郎セレクション

石原吉郎 著 ; 柴崎聰 編

戦後文学の原点とも言える戦争体験を取り上げた作家・詩人は数多い。しかし、石原吉郎ほど、そのシベリヤ抑留における極限下の体験を自己への凝視に向け、告発と断念、絶望と祈り、沈黙と発語の拮抗する内面を、硬質で静謐な言葉で表現した文学者は少ない。石原吉郎の根幹にある「シベリヤ」「詩の発想」「聖書と信仰」「ユーモア」の四テーマによって散文を精選、その文業の核心と可能性に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シベリヤ-フランクルに導かれて(確認されない死のなかで-強制収容所における一人の死
  • オギーダ ほか)
  • 2 詩の発想(沈黙と失語
  • 望郷と海 ほか)
  • 3 聖書と信仰(『邂逅』について
  • 半刻のあいだの静けさ-わたしの聖句 ほか)
  • 4 ユーモア(私の酒
  • 日記1(一九七二年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石原吉郎セレクション
著作者等 柴崎 聡
石原 吉郎
柴崎 聰
書名ヨミ イシハラ ヨシロウ セレクション
シリーズ名 文芸 280
岩波現代文庫 280
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.8
ページ数 274p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602280-8
NCID BB2185766X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22781248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想